読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauze

オクザキっす

若いときはバンマンとばっかり付き合った。DJとはぜんぜん違う距離感で、驚いたのを覚えてる。バンマンの彼女とゆうのは本人との距離が物販やライブハウスの店員の女の子よりも遠い。ほとんど客みたいなもんで。DJの時の内輪ノリが嘘みたいで。ネクラで真面目ばっかりでさ。ぜんぜん軽くないんだ。重たくもないけどね。あいつら、責任感無いから。イケメンなのにセックスが下手くそでさあ。しかも向上心も無いからぜんぜん上手くならない。モテようって思わないのかもしれない。でもモテたい様で。その自意識が過剰なとこが良かった。自意識無いってゆうか、本当に自意識無い男は最悪だからね。自意識無い=他人への配慮が無いって事だから。
なんにでも言えるけども理屈だとかで全てを説明できるってゆうひとは人でなしだ。合理性は自分しか幸せに出来ないもん。
わたしがバンマンとばっかり付き合ってた時、ベースかドラムの子達ばっかりでなんかこれは法則性があるのでは、って思ったけども、今になって思うのは「それ、どうでもよくね。」って事だし例え法則を見つけたとしてもそれで自己を縛るのならばぜんぜん不幸だ。
わたしの旦那は理系だし、話なんて通じない。読解力に乏しいし感覚が鈍い。わたしと正反対で、普通ならば仲良くなるはずないんだけど、少しずつ近づいてる気がする。「自分はこうだから」は良いけど「皆が普通はこうあるはずだ」は本当に独りよがりの妄想でしかない。カテゴライズが悪い訳でなく、なんでもあり得る世界なんだって思ったら良いよ。この世はファンタジーだからね。